永代供養をお考えなら

経済的にお墓の購入が難しい人に永代供養がオススメ!

経済的にお墓の購入が難しい人に永代供養がオススメ! 永代供養とは、遠方に住んでいるためお墓参りに行けないや子供がいないためお墓参りをする人がいない等の理由でお墓を管理できなくなった人に代わり、未来永劫にわたり寺院や霊園が供養管理をしてくれることを言います。
マスコミ等で、管理できていないお墓が荒れ果てていることが盛んに取り上げられるようになりこの供養方法を選ぶ人が増えています。
また永代供養は経済的でもあります。一般的には他の人と一緒のお墓あるいは同じ納骨室に安置されます。
そのため新たにお墓をつくる時に発生する場所を探すことや高額費用の問題も心配する必要がありません。
そして霊園によくある管理料も発生することがない場合が多いため経済的な負担が従来よりかなり軽減されます。
現在は、自分の亡き後の費用の問題などで生前に永代供養を申し込む高齢者がいるほどです。
このように、永代供養は新たなお墓をつくることが経済的に難しいなどの理由から今後益々増えていくでしょう。

現代のニーズに応えた「永代供養」の特徴

現代のニーズに応えた「永代供養」の特徴 近年では生前に自分は永代供養にしてもらいたいと遺言しておくという方も増えてきて、永代供養というのは現代のニーズにあった供養の方法と言えます。
長男であり墓守をしなければいけないが、転勤などによって仕事で転々とするために墓守ができない為、先祖代々のお墓を永代供養という形にしたという方もいらっしゃり、そうすることでしっかりと先祖を供養するという事ができるので安心することができます。
子供がいないという方は自分達が亡くなった後、墓を建立したとしても誰もお墓を維持するという事ができないという事があります。
そういった方にも永代供養は生前からお願いしておけ、自分達が亡くなった後の心配をしなくても良いというメリットもあります。
近年お墓事情というのはこれによって随分と変化し、沢山のお金をかけて代々供養していくという昔の形から現代のニーズに応じたお金をかけずにしっかりと供養してもらいたいというように変化しているようです。

新着情報

◎2018/3/12

永代供養で入れかえはある?
の情報を更新しました。

◎2017/12/20

永代供養は管理費が不要なの?
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

「永代供養」の特徴
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「墓 ニーズ」
に関連するツイート
Twitter

奎「俺はこの世界の奴らの事はまで持ってくような事以外は殆ど知ってる、まぁ顧客のニーズを掴むのは大事ってことさ」

Twitter tanso2 炭素家bot

返信 リツイート 昨日 8:30

奎「俺はこの世界の奴らの事はまで持ってくような事以外は殆ど知ってる、まぁ顧客のニーズを掴むのは大事ってことさ」

Twitter tanso2 炭素家bot

返信 リツイート 5/20(日) 17:30

昨日新聞に広告を出しました、新しい仕事と妙霊に関わる宣伝広告です、新しいのは、終活応援企画、と名ずけて字の通り自分自身の身の回りの整理をお手伝いする会社です、要らなくなった仏壇、おの整理、人形供養、お年よりの困った時の相談他お客様のニーズに答えて歩む企画会社です、時代が代わりどおしたら良いかお困りの方々が少しでも楽になり迷わずに?あの世にこの世にお導き致したく思い始めさせて...

Q.血縁関係にないひとともおにはいれるの? A.現代では、血縁にこだわることなく、同じ目的、意識で結ばれた人たちが一つのおに入りたいというニーズが生まれています。従来の寺地などでは、こうした希望に応えるのには無理がありましたが、民間地では可能になってきています。 #お

Twitter namunet_info 株式会社なむねっと

返信 リツイート 5/19(土) 18:10

#先回りクソリプ 通称使用しろ→資格を持っていたり論文書いていたりすると、できない人もいます。うちの会社は表向き可能だけど一部のみ。 人にもよりますが、結構すぐ詰みますよ。 子供の名前やや家名存続や男尊女卑について→人によるんで。別姓希望してる人のニーズは様々です。

Twitter ma_sentaku まぁ🐾@ふーふべっせー

返信 リツイート1 5/19(土) 7:56

Q.血縁関係にないひとともおにはいれるの? A.現代では、血縁にこだわることなく、同じ目的、意識で結ばれた人たちが一つのおに入りたいというニーズが生まれています。従来の寺地などでは、こうした希望に応えるのには無理がありましたが、民間地では可能になってきています。 #お

Twitter namunet_info 株式会社なむねっと

返信 リツイート 5/18(金) 10:10

返信先:@aicots 最近は建てても管理出来なくて無縁になるのが多いみたい。坊さんが言ってたけど、檀家制度に固執しないで、1つの選択肢として樹木葬というのもありますよって提示してかんとね、だってー。とかも時代のニーズに合わせてくのねって思ったよー。

返信先:@jjemr_miya 順子さま、ありがとうございますっ!そのようなニーズは実は結構ごさいまして、お参り用のお線香に、着火剤付きのものや、暴風でも火が消えにくいローソクが弊社にございます! ●風で消えにくいローソク rosoku.kameyama.co.jp/other/grave/t9… ●鈴峰 rosoku.kameyama.co.jp/other/grave/im…

Twitter kameyama_rosoku カメヤマローソク【公式】@2代目担当

返信 リツイート 5/15(火) 11:04

Q.血縁関係にないひとともおにはいれるの? A.現代では、血縁にこだわることなく、同じ目的、意識で結ばれた人たちが一つのおに入りたいというニーズが生まれています。従来の寺地などでは、こうした希望に応えるのには無理がありましたが、民間地では可能になってきています。 #お

Twitter namunet_info 株式会社なむねっと

返信 リツイート 5/15(火) 9:10

都市が過密化し、タワーマンションが乱立する現状を鑑みると、次に来るのはマンションを購入したファミリー層のパパママがシニアになり、そして亡くなった時の地問題である。東京においては築地本願寺や瑠璃光院白蓮華堂など、合同は既にニーズが存在する都市型の地なのだ。聞くところによると、