永代供養をお考えなら

継承者がいない場合でも永代供養は利用できる?

継承者がいない場合でも利用できる? 価値観の多様化とともに、家族のありようが大きく変わってきました。
かつては、墓は子々孫々へと引き継いで守っていくべきものですが、昨今は少子化の影響もあって、墓の継承者がいないという事例も少なくありません。
また、子供たちに墓を残すことによって、負担を与えてしまうことを懸念する人が目立ってきているのも否定できない事実です。
墓を引き継ぐことが非常に困難であると判断したとき、永代供養を依頼することが増えてきました。
永代供養であれば、継承者がいなくても何ら問題はありません。
縁故者がいなくなってしまっても、お寺が供養をしてくれる形になります。
後の面倒をみる人がいなくても、お寺や霊園が責任を持って、永代に供養や管理をしていってくれますので、安心して死後を託すことができます。
これが永代供養というシステムが確立してきた経緯として挙げられます。
永代供養は、まさに現代人のニーズにぴったりと合致したシステムであると考えられます。

後から合祀できる永代供養墓の仕組み

後から合祀できる永代供養墓の仕組み 永代供養墓は、子孫や承継者がいない人や、お参りなどで子供に迷惑をかけたくない人に需要のあるお墓の形式です。
初めから遺骨を合祀墓に入れて、他の人と一緒のお墓に納骨する場合は、コストを抑えられます。
相場は3万円から10万円前後で、年間の管理費用なども不要の寺院や施設が多いです。
また納骨堂の場合には、永代供養の費用以外に、修繕や清掃などの維持費がかかることもあります。
さらに承継者がいなくなった場合や維持費の支払いが滞っている場合などに、初めは個別に安置してあった遺骨を、 他の方と共同の合祀墓に入れるというケースもあります。
この合祀の納骨堂では、棚の中に遺骨を安置するようになります。
遺骨は他の人の骨と一緒になるため、後で遺骨を取り出して改葬することはできません。
その後は、通常、維持費や管理費は発生しませんが、寺院や管理施設によっては、支払う必要が生じることもあるため、管理事務所などで確認しておくと良いです。

新着情報

◎2018/3/12

永代供養で入れかえはある?
の情報を更新しました。

◎2017/12/20

永代供養は管理費が不要なの?
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

「永代供養」の特徴
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「墓 継承」
に関連するツイート
Twitter