永代供養をお考えなら

永代供養を決める前に確認すべき点

永代供養を決める前に確認すべき点 永代供養は、永代にわたって供養をしてもらうことができます。
そのため、承継者がいなくても暗視できるスタイルです。
ただし、決める前に確認すべき点もあります。
それは、永代とはいっても、一定期間が過ぎれば遺骨は合祀されるため、その期間や取り扱いについては事前に調べておく必要があります。
もちろん、この期間はそこまで短い期間になっているわけではなく、33年や50年などと長くはなっているので、当面の利用に関して問題になることではありませんが、将来的なことを考えておくならやはり知っておきたいポイントです。
永代供養のサービスの中身についても調べておくべきでしょう。
特に、承継者がいる場合は、お墓にお参りする人がいるので、その人たちが利用しやすいかどうかも考えておくために、具体的な仕組みを調べておくべきです。
永代供養墓の仕組みは運営する主体ごとに結構な違いがありますので、疑問点は問い合わせて確認しておきましょう。

年々「永代供養」が増えてくるであろう理由とは?

年々「永代供養」が増えてくるであろう理由とは? 近年増え続けている永代供養ですが、増えている理由については現代社会における事情が大きく関わっていると言えます。
地方の田舎では今でも代々続いて供養をしている先祖代々のお墓があり、それを守っていくものとしての墓守は長男に任せられることが多いものです。
しかしながら、現代社会において、田舎から都会に大学進学のために出るという方も多くなり、就職する際に田舎に帰って就職するという事なく都会で就職し自分の家族を持つという方も増えています。
そういった事情から永代供養はこれから先も増え続けていく供養スタイルになります。
先祖代々のお墓を守ることができなくなった場合、永大供養という新しい形の供養をすることで、先祖代々のお墓を粗末に放置する事なくご先祖の供養をするという事ができるという事で、現代社会に生きる人々において年々定着していく供養形態なのです。
時代の移り変わりに伴い、お墓事情も進化を遂げていると言って良いでしょう。

新着情報

◎2018/3/12

永代供養で入れかえはある?
の情報を更新しました。

◎2017/12/20

永代供養は管理費が不要なの?
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

「永代供養」の特徴
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「永代 墓」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@syou_ren88 一回聞いたら一柱百万✖十と言われました… 家だけ永代供養してお骨は善光寺かなと… ちなみに私は持ってません 実家のは次男が継承するとよいと風水師に言われて…出家してますしね…

Twitter寂光庵の離れ(元不登校・元準引籠り坊主)@motofutoukouhik

返信 リツイート 20分前

返信先:@windbeast1123 そうなのよ。草むしりや石ゴシゴシして維持するのもお金払うのも大変だし、これを子々孫々にやらせるつもりなのか?って考えたらNoだよね。 つか既にばーちゃんが管理してたがはっきり記憶になくて無縁仏にしちゃってるし立てたくないけど永代供養お願いしなきゃいけない骨いっぱいあるし…😅

Twitterりゅう*文字を打て原稿しろ@ryu11410

返信 リツイート 21:12

返信先:@sasuke0516est こちらの大叔母ちゃんは次女でしたので我が儘な姉と妹(祖母と大叔母さん)に挟まれていたので性格も一番穏やかで優しくて訳あって旦那さんのおには入れて貰えずに、迷惑を掛けない様にと自ら永代供養のおを選びました…。私は大叔母ちゃんの事が大好きでしたので、亡くなってからもう9年は経ちます

返信先:@kirin_buddhist 一度おの積み直しも200万取られて、壊す時も取られて、はぁ。 永代供養も8人分だから、どうなることやら。 お住いの方の金は取って、息子さんの為に貯金しておいて下さいね。

返信先:@kirin_buddhist 私の知人もスキーの為に某所を買って、捨値。 こちらは、値段が上がっていますから、今が売り時なんですよ。 おの始末、永代供養と離檀量と、ここを売っておしまいだろうけれどね。

その後は永代供養をお願いするつもりで、母の了承も得ている旨、お伝えしてあります。その際に終いします。 さて、私も妹も子がいませぬ。 いづれは代理人を立てて、永代供養をお願いする代金は残しておかなければ、と考えています。 お彼岸ですね。 雨中のこと、足下お気をつけてお参りを。

Twitterふくちゃん@MF6132

返信 リツイート 18:42

永代供養料支払う人がいなくなって寄せになってもいいんじゃないかとさえ思えてきた(汗

...お葬式と代わらない、ペットのためのお葬式を 長年、共に暮らしてきたペットに「これまでありがとう」と伝えたい。 家族の一員だったペットのために悔いの残らないお別れをしたい。 「妙輪寺のペット葬」では、大切な家族の一員であったペットの旅立ちを心を込めてお手伝いしています。 pet-sou.com/index.html">pet-sou.com/index.html 妙輪寺のペット葬 | 神奈川県湘南 ペットのお葬式、火葬、お永代供養 pet-sou.com/index.html">pet-sou.com/index.html

お葬式+火葬+四十九日法要+納骨法要+ペットへの納骨+永代供養のプランは、大切な家族の一員であったペットのためにお葬式・火葬・納骨・ご供養までを一貫して行います。 ヒトが亡くなった...妙輪寺が責任をもって行います。 pet-sou.com/index.html">pet-sou.com/index.html 妙輪寺のペット葬 | 神奈川県湘南 ペットのお葬式、火葬、お永代供養 pet-sou.com/index.html">pet-sou.com/index.html

高い永代使用料、高い石代、高い戒名代を払って建てた立派な先祖代々のおも、後の世代が毎年の管理費を支払わなくなると、ある日気付いたら無縁仏行きになってたなんてご先祖様達は思いもしないね。 pic.twitter.com/k7K3WRWMvN

Twitterしのぽん [shino-pon]@syota07

返信 リツイート 12:54